チェーン店では許されない個性

-マニュアルとユニフォームで「人間味」を消さない

坊主にするのが嫌だから野球を辞めた子もいるだろう。

スポーツも仕事も、その実力と見た目に本質的な相互関係はありません。

髪型、服装、ネイル、アクセサリー、TATTOOも自由。

チェーン飲食店では採用されないメンバーも多い。

全てそれぞれの「個性」。

「個性」を周りが認めると、人間は期待以上の仕事をしたくなるものです。

スタッフの個性の開放は店内の空気を解放させ、お客様の開放を生み出します。

店が込み合ってくると誰が店員かさえ分からなくなる。

トイレに立ったお客さんに、別テーブルのお客さんが間違って「注文いいですか?」ノリのいいお客さんは「ハイハイ!何にしますか!私、店員じゃないですけど注文通してきますよ!」で笑いが起きる。

チェーン店なら許されないだろうが、我々にとっては最高の瞬間なのです。

RECRUITページ