満席の美学

-自然な笑顔で楽しんでいただく為に-

一般的な飲食店における居心地の良さとは「広々としたフロア、間隔を広々とったテーブル、ゆったりとしたソファー席」等、開放的な空間をイメージされる方が多いですが、我々の居心地の良さとは、『お客様が細かいことを気にしなくていい空間』という解釈です。

客席は一坪に4席。通路幅はほぼない。肩が触れ合う程ギュウギュウ。店外に溢れる客席。

うねる店内は独特の高揚感に包まれます。

この“混沌”を楽しんでいただくのが真骨頂。

お客様は世代や肩書など脱ぎ捨て、本来の“自分”で楽しまれています。

空間を開放するのでなく「ココロ」を解放していただく。

これが我々の「おもてなし」。

「お店は綺麗じゃない、丁寧なサービスはない、値段も安くはない」

なのに満席。それが我々の美学です。