たまり場

-そこになくてはならない大人の廊下-

学生時代、放課後の廊下には約束もなく、理由もなく、自然と仲間が集まった。

クラスを超えたコミュニティーは新しい友達や遊びを生んだ。

そこに行けば誰かがいる、何か楽しいことがある。廊下は、僕らの大切な“たまり場”でした。

大人になり、学校は“社会”に、クラスは“会社”になった。

ストレス時代に生きる我々には、今、あの廊下が必要です。

我々は街に生きる人々が自然に集まる「たまり場」をつくっているのです。