韓国文化発信の場所に

김현철 1978年生 釜山出身 渋谷横丁「韓国食市」料理長

韓国人を活かす仕事

韓国料理は、刺激的な味・色彩のインパクト・ヘルシーさで日本でもファンが多く、最近ではファストフードやスイーツまでもがブームになる程の人気ぶり。全国各県を代表する名物料理・ソウルフードを集結させた「渋谷横丁」では、計画段階より異色ブランド「韓国食市」の出店を決定しており、韓国人メンバーの登用を望んでいた。

 

「私の生まれた「釜山」は韓国の主要都市の中で最も日本に近く、新鮮な魚介類が豊富に獲れるので「寿司」が大人気です。韓国では料理人の中でも「寿司職人」はステイタスが高く、私は韓国の調理学校を卒業し、寿司を学ぶために日本に来ました。日本で働く知人の紹介で、和食レストランで働くことが出来たのですが、そこで知り合った日本人と結婚し、日本に永住する事になったんです(照笑)。日本に住むのであれば、寿司ではなく韓国人である事を活かせる場所を探していたタイミングに「渋谷横丁」のオープンを知りました。」

「韓国食市」オープニング料理長

調理スキルや日本語対応力以上に、“チャレンジ精神”が必要な「渋谷横丁」に、そのキャラクターがマッチし、「韓国食市」オープニングの主力メンバーとして彼を迎え入れた。

 

「すぐに採用していただいただけでなく、新規オープンする「韓国料理」のお店で料理長のポジションを用意していただき、本当にラッキーな事です。韓国にも日本の「横丁」のような飲食街はありますが、「渋谷横丁」のような一つの会社が19店舗をここまで作り込んで同時オープンすることはあり得ません。初日からビックリするような大騒ぎで、ソウルの「東大門市場」をそのまま持ってきたような賑わいでした。酒屋さんに聞いたのですが、「チャミスル」の出荷本数が最高記録を作ったという事です(笑)。」

 

 

日本で知られていない韓国料理を

韓国食市では「サムギョプサル」、「ビビンバ」、「サムゲタン」、「スンドゥブ」等、日本で馴染ある定番の韓国料理から、「チーズダッカルビ」、「ヤンニョムチキン」、「ホットク」等のB級コリアンフードまで多彩なメニューが並ぶ。

 

「日本の皆さんが、ここまで韓国料理を楽しんでいただけるのは大変嬉しい事です。日本に観光に来る韓国人にもぜひ見て欲しいです。これからは、日本で知られていない料理はもちろん、韓国で流行り出した新しい料理もいち早く紹介できるようにしたいです。このお店からブームになったら最高ですね(笑)。」

 

早くも「韓国食市」2号店OPEN!

現在3名の韓国人スタッフが在籍。メンバー全員が韓国人になった時、「韓国食市」の“本来あるべき姿”となる。

 

「このお店が、日本で働きたい韓国人の第一ステージになれば、みんな無理なく日本に馴染めるのではないでしょうか。韓国人の仲間がいるので安心ですし、情報交換もできます。横丁で働く日本人の友達もすぐにできますから。」

 

「私はここで、韓国と日本の“橋渡し”になりたい。今、日本では韓国のアーティストが人気ありますが、食や音楽だけではなく、色んな韓国カルチャーを知っていただき、韓国に遊びに来てもらうきっかけになれば嬉しいですね。そして、いつかは民族的や政治的にも理解が深まればと思っています。」

 

「渋谷横丁」でのヒットを受け、2021年4月、有楽町「日本食市」に併設する形で「韓国食市」がスピンオフオープンする。

 

「2号店がオープンすると、可能性がますます膨らむのでワクワクします!今後、「韓国食市」だけで店舗展開ができるように頑張ります!このインタビューを見ている韓国人のみなさん!ここで一緒に働きませんか!」

『한국인의 동료들이 있기 때문에 안심하고,정보교환 또한 가능합니다.
요코초의 사람들(스탭들)과도 곳장 친구가 될수있습니다.
한국인 여러분 여기에서 함께
일하지 않으시겠습니까!』

〈김현철〉

 

 

 

 

募集情報